2010年11月17日水曜日

南イタリア旅日記 10 チェファルー

ギリシャ語のケファル(岬)が語源のチェファルーに到着。 テレニア海に突き出す絶壁の岬にある小さな街。
1989年のイタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の舞台になったところとしてしか知りませんでした。 イタリアではとても人気のある観光地だそうで、イタリア人を乗せた観光バスがたくさん来てました。 添乗員さんが「あのバスの中はうるさいですよ」って言ってました(^◇^) 
「ニュー・シネマ・パラダイス」はカンヌとアカデミー賞を取った映画だそうですが、観てなかったのでDVDを借り、観て行きました。 イタリア語選択の娘は授業で観たそうです。
崖の上から見下ろす景色が素晴らしいそうなので行きたかったのですが、添乗員さんに3時間コースと言われ断念。
何処へ行っても時間がなく残念。


チェファルーの大聖堂、12世紀前半、ルッジェーロ2世が海で嵐にあった時に助けてくれた女性に送ったと言われているそうです。 ヤシの木に囲まれ、アラブの影響を持つこの大聖堂はヨーロッパではない感じさえしてしまいました。 

このアーチがアラブ様式
内部はビザンチン様式の金ぴかのモザイクです。
大聖堂の前の広場は観光客でいっぱい!
チェファルーで昼食。
カジキマグロとウニのパスタ、レモンのジェラート、オレンジジュース。
ウニのパスタはシチリアの名物。
シチリアでもウニは高いものだそうで、かなり薄めてあって、ウニ風味って感じでちょっと残念。
それでも今回の旅行では違和感の感じる食べ物は何もなく、日本人の口にイタリアンは合うのだと思いました。
イタリア人は何処へ行ってもイタリアンしか食べない人がほとんだそうです。
食後は旧市街をぶらぶら歩きました。
「ニュー・シネマ・パラダイス」の中で、映画の野外上映をした海岸。
街の中は細い道ばかり、右端はチェファルーで一番細い道、通れなかったアメリカ人がいるとか!

お天気が下り坂で暗いのですが、向こう側が新市街で夏は海水浴場で賑わうそうです。

それにしても、すごい崖!
崖の上には崩れかけた砦や神殿跡があるそうです。
イタリアで人気の観光地ならロープーウエイでも作ればいいのに・・・

0 件のコメント: