2014年9月23日火曜日

タヒチ ドリフトシュノーケリング

ランギロアを選んだ理由はドリフトシュノーケリングをしてみたかったからです。 ドリフトと言えばダイビング、他では聞いたことが無いドリフトシュノーケリングをしないで帰るわけにはいかないでしょう。 ランギロア到着の翌日にティプタパス・ドリフトシュノーケリングを予約しました。
ティプタは村の名前、ホテル・キアオラはこのティプタ村にあります。
パスとは大きなリング状の環礁にある切れ目。リーフの内と外の通り道になり、一気に潮が流れるのです。飛行機から潮流がはっきり写ってます。これはアバトル・パスかな?
外洋からリーフ内へ流れる時に流れに乗ってシュノーケリングをするのがドリフトシュノーケリング。
ホテルのアクティビティーを申し込んで実際に行われるかは前日夕方、ホテルの売店前のボードに発表になります。 ドリフトシュノーケリングはその日の朝、潮の流れの様子で出来るか決まるようです。 時間帯も日によって変わるそうです。 私達の申し込んだ日は13:00でした。

出発前、ホテルのバーでサンドウィッチで腹ごしらえ。
フランス領ですからパンとお菓子はめちゃくちゃ美味しいです(*^。^*)
いよいよ出発です。 このボートのキャプテンがシュノーケリングの時もキャプテンです。 スタートポイントに到着するとキャプテンがみんながばらばらにならないように大きな発泡スチロールに紐をぐるぐるかけたものを持って海に飛び込みます。 7人でぶら下がって行くのですが、さっさとボートから海に飛び込まないと発泡スチロールは離れて行ってしまいます。 さっさとドボン! 海の中が青い! インクを流したように青い! こんなに青い海は初めてです。 海外に行くと必ず驚くことがありますが、今回一番驚いたのはこの海の青さです。
10分ぐらい流されたら、ボートに上がり戻ってまたドリフトをするを場所を変えて3回繰り返しました。 
海底まではっきり見えます!
マンタやイルカが見える確率が高いポイントなので目を凝らして海底を見ていたのですが、私が遭遇したのはサメでした~(・_・;)
タヒチでは毎日サメに遭遇してました。
3本目のドリフトの時、潮溜まりで泳いでいたらキャプテンが「Follow Me!」と、言って進み始めた。私はすぐに発泡スチロールにつかまることが出来たけれど、潜っていたら置いて行かれるところだった。 ライフジャケットを付けているので怖くはないけれど、このキャプテンは後ろを振り向かないタイプなんです^_^;
仕上げにアクアリウムというポイントにボートで移動し30分程シュノーケリングをしました。 すごいです。 まさに水族館!
あ~楽しかった~~~こんな刺激的なシュノーケリングを知ってしまったら、今後、普通のシュノーケリングが単調に思えるだろうな。

6 件のコメント:

brosa さんのコメント...

本当だ!
まるで水族館ですね。
ダイビングもシュノ―ケリングもひさしくしてないです。。。
最後に潜ったのは、インドネシアのフローレス島とコモド島かな。。

日本に帰りたくなくなるリゾートですね!

いいなぁ~!当分 節約をよぎなくされた私には夢のまた夢だわ。。
宝くじ当たらないかなぁ~~!ヾ(@⌒¬⌒@)ノ

ユメミー さんのコメント...

私もどこにも行けない時期がありました。
子育てと介護の合間のこの時期にいろいろやっておきたいと思っています。
4年間の辛抱、頑張って~
インドネシアにはまだ行ったことがありません。
フローレス島とコモド島φ(..)メモメモ 行きたいところがどんどん増えちゃう(^_^;)

えりぷー さんのコメント...

綺麗ですね~~~。絵のようです(^^)
私は旅行というと海より食べ物中心で場所を選んでしまうのですが、ユメミーさんの記事を読んで海もいいなと思いました♪

栄ちゃん さんのコメント...

ユメミーさん

お久しぶりです 凄い所ですね!

ドリフトシュノーケリングと云うんですか?
これは確かに水族館状態
グレートバリアーリーフやグリーン島ではテーブルサンゴと
熱帯魚の群れをサブマリーンから見ましたが
ここも凄い! 凄い !

ユメミー さんのコメント...

写真よりず~~~っと綺麗なところです。
海に行くと魚は美味しいですが気を付けないと野菜不足になります(*^。^*)

ユメミー さんのコメント...

お帰りなさ~い。
ドリフトダイビングとは潮の流れに乗って移動するダイビングのスタイルのこと。
それをシュノーケリングでやったんです。
グレートバリアリーフではダイビングをしましたがケアンズから船で片道2時間は遠すぎ!