2011年7月18日月曜日

やまゆりの里




市川市動植物園のやまゆりの里が今年も16日から24日まで一般開放されています。
前回行った時は咲き終わりの頃でしたが、今年はまだつぼみが多かったです。
それでも可憐なやまゆりに出会うことが出来ました。



植物園の中は広くいろいろな花がさいていました。
バラ園にはまだたくさんのバラ
暑いのにバラは元気!
いつもはここはかわせみをねらうおじ様たちのバズーカー砲みたいなカメラがずら~~っと並ぶところですが、さすがにこの暑さでは4人でした。御苦労さまです。


池のなかは涼しそう、ここでトンボを追いかけてみたのですが失敗(>_<)

でも水辺は風が気持ちいい
紫陽花もまだまだ元気に咲いていました。
種類もガクアジサイ、ウズアジサイetc.と豊富です。


ウズアジサイ、通称、オタフク紫陽花というそうです。 昔はオタフクは美人のことだったけれど、いまではどちらかと言えばブス・・・気の毒ですね。



上の子が昆虫博士を目指していた頃、夜のほたる観察会に来たところです。 懐かしい場所です。

トンボか蝶を撮ろうと思ったのですが、バッタでした。 バッタでも何処かの未来の昆虫博士は喜んでくれるでしょう。
昆虫博士になる予定だった息子がバッタもイナゴも漢字で書くと「蝗」、虫の皇帝だから立派だって!

0 件のコメント: