2016年9月15日木曜日

ドイツ その2 ライン川でヨーロッパ三大がっかりを観た!

二日目は朝ご飯を食べたら早速ライン川クルーズへ出発。
詳しくはこちら
宿泊地のリューデスハイムからザンクトゴアルスハウゼンまで1時間半のクルーズです。
この辺りはワインの名産地、切り立った壁のようなところまでブドウ畑が広がっています。どうやってブドウを摘むのでしょう。
エーレンファルス城、1689年にフランス軍に破壊されたまま廃墟になって、そのまま放置されているそうです。
右に左に次々と古城が見えてきて忙しいです(^^♪
ネズミの塔、通行税を徴収するための関所。
ラインシュタイン城、ラインの宝石と呼ばれているお城で見学することも出来るそうです。行ってみたいですね。
ライヒェンシュタイン城、ライン川沿岸では最も古い古城の1つ。
ゾーネック城、お城の上まで上がるのは大変そう。
フュルステンベルク城、現在は個人の所有だそうですよ。いくらで買ったんでしょうねぇ。
シュタールエック城、ユースホステルになっていて泊まれるそうです。
ここも通行税を取るために建てられたプファルツ城。左後ろに見えているのは↓
グーテンフェルス城
シェーンブルク城、現在、ライン川で一番の高級ホテルだそうです。
ここでローレライの音楽が流れます。みんな一斉にカメラを構えます。ローレライの岩です。書いてなければ分からないただの崖です。ヨーロッパ三大がっかりの一番かも! 周りの景色が最高にいいから許してあげよう?!
カッツ城、 Wikipediaによると「西ドイツ政府から日本人男性がホテルにする目的で購入し修復したが、世界遺産に含まれたことで頓挫した。規制によりカーテンをつけるなどの事はできない。」あ~ぁ・・・
ラインフェルス城、ここもホテルです。
私たちの乗ったKDライン社の船はザンクトゴアルスハウゼンに到着。
下船し、すぐ前のレストランでお昼をいただきました。
白い西洋わさびがサラダにかけてたらすご~~く美味しかったです(^◇^)
ライン川クルーズはどこを見ても絵のようで美しかったです。

ヨーロッパ三大がっかりも話のネタにあってもいいわね(^_-)-☆

4 件のコメント:

栄ちゃん さんのコメント...

ユメミーさん
こんにちは~
ライン川 クルーズ1時間半だけですか
だらだらと長いのも飽きますが少し短いのでは・・・
説明は日本語ですか? 良くある各国語の連続テープ説明かな
確かにローレライの岩 この景色では これはショボイ
♪ なじかは知らねど心わびて 昔のつたえはそぞろ身にしむ
さびしく暮れゆくラインのながれ・・・  ♪ 
思い出しましたよ

両岸の古城は ノイシュバンシュタインの様な豪華さはナシ?
ライン川沿いはいかにも古城ですね

ユメミー さんのコメント...

こんばんは~
今回のツアーはドイツハイライトなのですべて駆け足でした(^^;)
説明は英語、ドイツ語、フランス語、日本語、韓国語、中国語・・・
ノイシュバンシュタインの様なお城は他にはないでしょう。
ライン川沿いは廃墟のような古城が点在していて教会の塔と相まって
良い雰囲気を出していました。
リバークルーズでゆっくり行くのも良いでしょうね。

brosa さんのコメント...

いろいろお城がたくさんあって、めうつりしちゃいます。
お城がホテル?プファルツ城は、新しいお城なんですか?
古さを感じないし、なんか今風?間が抜けてる?(←けなしまくる私)
この白いのは変?

ローレライの岩は。。確かにがっかりかも。。。
どこにでもありそうな。。。。(←それは失礼か。。。)

言いたい事を言いまくってすみません。

意外とホテルになっているお城が多い事にびっくりしました。
それにしてもなんでこんなにお城が多いいんでしょう。

ランチが美味しそうです。
ホースラディッシュは私も好きです!

ユメミー さんのコメント...

こんばんは~
お城が多いのは昔、川は物流の大動脈だったので各領主が通行税を取るために次々とお城を建てたそうです。これじゃ通る人は払いっぱなしですね。
プファルツ城はもともとは石の色だったようですが通行税を取らなくなってからは信号灯になり目立つように白く塗られたそうです。
古城ホテルは高いところにあるので景色が良さそう。

ホースラディッシュが山盛り出てきた時は何かと思っちゃいました(^_^;)