2016年1月8日金曜日

カリビアン・クルーズ さすが人気のコズメル!

カリビアン・クルーズ、6日目は最後の寄港地メキシコのコズメル島です。
港の海の色がすでに青い! しかしカリブ海のクルーズ船のほとんどが寄港する港だけあって続々と大型客船がやって来ました。 この日は同じ港に7隻も寄港してました。 この港に入る前に別の港にもたくさんの客船がいました。

左側が世界最大225,282トンのAllure of the Seasです。
乗客定員:5,400名!
他の船の乗客も3,200~3,600人、ざっと計算しても25,000人が一気に降り立ち観光や海へと繰り出すのです。
なんたって世界的に有名なメキシコの海だけでなくマヤ文明の遺跡が点在しているのですから。
港に上がると現地ツアーの客引きや船のオプショナルツアーの集合場所でごった返していました。
私達の参加したのは双胴船に乗ってシュノーケリングをしてビーチで遊ぶもの。
私はもっと遠くの海に行きたかったのだけれど今まで聞いたこともない厳しい条件があって申し込めなませんでした。「抗鬱剤、ベータ受容体遮断薬、血管収縮薬などの日常の動きや身体活動を阻害する薬を摂取している方や糖尿病、癲癇、喘息、あらゆる心臓疾患、呼吸器と肺の疾患、高血圧などの持病をお持ちの方、怪我や妊娠をされているお客様はご参加いただけません。」 と、長ったらしい条件がついているものが多いのです。 私は何にも薬は飲んでないのですが夫が高血圧の薬を飲んでいるので、断念しました。 他のところでは何も言われたことがないのになぁ・・・

双胴船はもちろん満員御礼です。
ビーチに沿って双胴船は走りました。 海の色はどんどん濃くなりました。
双胴船からは階段があるので海へ入るのは楽でした。
海の色は青く透明度はあるのですが、カメラマンが餌をやるので魚が集まって来るだけ。
良ーく見ると小さい魚がいる程度。 やっぱり魚は少ない(>_<) 注意書きに「日焼け止めは生物分解性の日焼け止めローションをお持ちください。」と、あったので、私はサンゴのためを思って3,000円もする生物分解性の日焼け止めを買って持っていったのにほとんどの人が守ってない!! 毎日何万人もの人が訪れる海でこれだからカリブ海の魚は減っているのでは?! せっかくのコバルトブルーの海、大事にして欲しいなぁ。
ビーチはプリンセス・クルーズのプライベートビーチ。 いろいろな遊具が並んでた。私はお魚ちゃんと泳ぎたいのに・・・イルカとマナティと遊ぶツアーにすれば良かった・・・(;´∀`)
ちらっと後悔がよぎったけれどお土産物屋さんで売っているものが十字架と骸骨とプロレスのマスクとメキシコにいるのを感じた?!
 right,right,left,left♪
帰りのボートではラインダンスで大盛り上がり。 ラインダンスは一列に並んで脚を上げるあのラインダンスとは違うほうのよ。 みんな、のりのりで楽しそう。
コズメルの港ではパスポートは見せないのですが植物検疫はやってました。
私はただ通過しただけで何も気が付かなかったのですが、バナナを持っていたツアーの人は前に犬が来てぴたっと座られてバナナを没収されたそうです。 犬は全く吠えずピタッと持っている人の前に座って動かないそうです。 お利口さんのワンちゃんね。 帰りに取り上げたものが箱に入って税関の入口にありました。バナナ、オレンジ、サンドウィッチ等がいっぱい!
海には満足しなかったけれどなんだかんだ印象に残ったコズメルでした。
日本はこれから客船の誘致に力を入れていくそうだけれど、クイーンエリザベス号たった1隻が入れる入れないでニュースになるとは日本はまだまだ観光は発展途上国、やることがいっぱいありそうです。

4 件のコメント:

栄ちゃん さんのコメント...

ユメミーさん

おはようございます
メキシコ・コズメル カリビアンクルーズのメッカなんですね!
凄い数の大型クルーズ船 これだけの人が下船したら
色々な事で大変な事にならないんですか? 
日本では不可能でしょう・・・
観光に出るバスが足りない!集めれない(営業許可区域規制)
ガイドが居ない!(ガイド資格法規制)
これに近い状況をバルセロナで見ました 埠頭に着岸できない船は
沖合待機でした  地中海クルーズ大型客船
最後の写真の構図・空空間の入れ方 青空と雲
乗客の服装カラー・ポイント、 船の大きさを表す埠頭谷間
全てが 良いですね! ベストショットです

ユメミー さんのコメント...

有難うございます!

これだけの人が一気に押し寄せても平気なインフラがすごいと思いました。
小さな細長い島なのですが手前にも港があってそこも大型客船が停泊してました。
沖合で待機しなくてもいいように出来てるのがすごい。
オフシーズンには1隻しか来ない日もあるそうです。
それでもたくさん来ても対応できるようにしているのです。
日本も頑張らねば!

brosa さんのコメント...

こんばんは

大型クルーズ船の集結は圧巻ですね。
これみて小さいころ、娘が見ていた機関車トーマスのテレビを思い出しちゃいました。
シュノーケルは残念でしたね。
結構 厳しい制約があるんですね。
それにしても麻薬犬ならぬ植物検疫犬はお利口さんですね。
よく訓練されてるんですね。

ユメミー さんのコメント...

こんばんは~
そう言えば機関車トーマス、お隣の機関車とお話ししてましたね(^◇^)
ダイビングでもないのにシュノーケリングにこんな厳しい条件は初めてです。
さすが訴訟の国の船会社だと思いました。
植物検疫犬ってホントにホントにお利口さん!
あんなにお利口さんなら飼っても楽だろうなと思ったけれど
我が家にきたら直ぐにぐーたらになってしまいそう(^_-)-☆